【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引) 6.資産運用Dリバランス:誰でも分かる売買タイミング

6-1.モニタリング

サイトマップ【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

モニタリングとは

 モニタリングとは、運用成績の確認です。

 ポートフォリオの割合が、どれだけ乱れたか確認します。

 ポートフォリオが5%乱れていたら、調整します(リバランス)。

 1%や2%ずれていたとしても、調整する必要はありません。

 調整(リバランス)するには、株式を売却したり、ポジションを決済したりしなくてはなりません。

 それには手数料がかかるのです。


モニタリングの間隔

 年4回、証券会社等から、金融商品の取引残高報告書が送付されてきます。

 モニタリングは、その時に行えばよいといわれます。

 年4回のモニタリングで十分。

 「含み損を貯めないように損切りせよ!」ということを聞いたことがあるでしょうか。

 これは、売買益を狙う投資家へのアドバイスです。

 このページで説明している資産運用とは、考え方がまるっきり違います。よって、「損切り」は、気にする必要はありません。

 『相場全体が、不景気なときは、利益を得ることは諦めましょう。 そのかわり、不景気で、お買い得(投資信託や株価が下がって安く買える。外貨も円高であれば、安く買えることに!)になった投資商品を、コツコツ買い増ししておきましょう。景気は必ず回復するので、その時利益を得られるようにしましょう』 という投資戦略なのです。



※参考資料
 「内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法 」内藤忍 著



元のページ【6.資産運用Dリバランス:誰でも分かる売買タイミング

モニタリング FX外貨戦略B リバランス FX外貨戦略C 為替差損を気にしない

トップページ【初心者のFX外国為替証拠金取引】 相互リンク募集中【相互リンク

【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.