【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)

6.資産運用Dリバランス:誰でも分かる売買タイミング

サイトマップ【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)サイトマップ

リバランスとは

 3ヶ月に1回、モニタリングを行います。モニタリングとは、運用成績の確認です。運用当初に決めた資産クラスの割合がどれくらい崩れたか、調べる事です。

 リバランスとは、モニタリングの結果、5%以上のズレがある場合に、そのズレたポートフォリオの割合を、もとに戻すことです。

 もし、モニタリングで5%のズレがなければ、リバランスは行いません。

 年4回のモニタリングで、5%以上のズレを修正するリバランスが、もっとも効果的なリバランスといわれています。


リバランス具体例

 たとえば、外国債券50%、日本株式50%のポートフォリオで資産運用しているとします。

資産クラス 運用開始 モニタリング時 リバランス後
外国債券 100万円 130万円 110万円
日本株式 100万円 90万円 110万円

 このように、増えた分を売却して、足りないとこへ資金を移動します。このようにすることで、割合を一定に保つわけです。

 リバランスを行うと、高い価格で売却し、安い価格で購入することになります。

 外国債券が、30万円も増えたのは、価格が30%上昇したからです。
 一方、日本株式は、10万円減りました。価格が10%下落したということです。

 そこで、価格が上昇したときに、外国債券を売って、価格が下落し安くなった日本株式を購入したことになります。

 相場が、どのように動くか、気にしている必要はないということ。

 年4回、決まった日にちに、ポートフォリオをチェックするだけです。



※参考資料
 「内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法 」内藤忍 著




【0】概要と意義

【1】運用方法の基本

【2】FX口座比較と初心者の始め方 

【3】通貨ペアと各通貨

【4】通貨分散

【5】経済の基本原則

【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)

【7】想定外の対応



トップページへもどる→ 初心者のFX外国為替証拠金取引

相互リンク募集中→ 相互リンク

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較

リバランス FX外貨戦略B リバランス


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.